2005年10月07日

パワーブリーズによるトレーニング効果

パワーブリーズによるトレーニング効果

4時間のパワーブリーズトレーニングによる肺機能及び運動能力の増加
4時間のトレーニングで呼吸筋の持久力が40%以上もアップ。
持久力を測るテストでも、持久力が30%以上高まっています。
img_powerbreathe_graph1.jpeg


トレーニング用自転車こぎ運動による血中乳酸濃度の変化
乳酸度が高い筋肉は運動を続けられなくなりますが、パワーブリーズのトレーニングで持久力が向上します。
img_powerbreathe_graph2.jpeg


● 2003年世界ラグビー選手権大会で優勝を果たした英国チームは、選手交代前にパワーブリーズを使ってウォーミングアップし、急な息切れを予防しました。持久力を必要とするイギリスの自転車選手やボート競技選手などの多くがパワーブリーズを活用し、タイムを4.6%も縮めることに成功。これは研究結果として発表されています。
posted by パワブリ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | パワーブリーズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7806490

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。